青色は食品に使うにはタブーと言われてきましたが、本当はどうでしょうか?
実は青色というのは食と親和性が高い色。

それを伝えるべく生まれた青色×木製の食器 KyutarouBLUEに「爽シリーズ」が登場しました。
従来kyutarouBLUEシリーズにくらべ、爽シリーズはより明るい色合いとなっております。

あなたのお好みの色はどちらでしょう?
従来のKyutarouBLUE(スタンダードシリーズ)と爽シリーズ混在でのご使用も素敵かと思います。
(両シリーズとも作成した季節や木地の関係で一定の色にならないため、画像以上に色差が出てしまったり逆にあまりでない場合もございます)

KyutarouBLUE爽は存在感も抜群に食卓の新たなおしゃれとワクワクを運びます!

福井県鯖江市河和田地区。
山々に囲まれた河和田地区は約1500年もの昔から続く越前漆器の産地。

Kyutarou Blueはそこでつくられる食器です。

KyutarouBlueシリーズは、製作者のこだわりから生まれた商品。

ある人に言われたことではっとした言葉がありました。
「漆や塗料が全部に塗ってあると、素人にはその素材が木なのか?プラスチックなのか?わからない」と。
そこで「木の魅力」「塗り物の魅力」を同時に伝えられる方法はないかと考えました。

それと同時に青色の器を作りたいという構想もありました。
青色の食器はなぜタブーとされているのだろう?
絶対に素敵な食器になるという自信がありました。

越前漆器の産地には、伝統の技術をベースに発展した業務用漆器の技術があります。
その技術と塗料を用い、こだわりの青色、そして木目を活かした半透明の塗りを施すことができました。

そして出来上がったのが「Kyuutaoru Blue」であり
この新色「爽シリーズ」へと繋がります。

業務用漆器の技術により開発された食器専用塗料は、食品衛生法をクリアしている安心で安全な塗料です。
経年劣化もほとんどないお手入れもしやすく扱いやすい丈夫な
「食器用ウレタン塗料」それを天然木の器に一つ一つ職人さんが吹付けという技術でしあげております。

越前の職人さんだからできる繊細な色合い。
職人さんとの度重なる試行錯誤から生まれたこだわりの色です。

※制作風景は爽シリーズではなくスタンダードシリーズのものをイメージとして使用しております。

塗ったばかりはツヤツヤとしていますが、これが乾くとマットなサラサラの表面になるのです。
木目を透かす塗から生まれるこのグラデーションはまるで波のよう。

ブルーの部分は半透明の塗りをほどこしているため、木目のグラデーションが出来上がります。
同じ商品でもその時々の木の色や季節の仕上がりによって個性豊かなブルーに仕上がります。
一つ一つが全て違う顔をもち、唯一自分だけのアイテムとなります。

従来シリーズに比べますと、爽シリーズのほうが色味が明るいため木目がハッキリ確認できます。

食器に青はタブーだと言われてきましたが、実は青色って食器に馴染みが深い色なのではないかと考え出来上がったのが久太郎ブルーシリーズでしたが、大変ご好評をいただきこうして新しい「爽」シリーズが更に誕生いたしました。

新たに表面がブルーのお皿も登場し、使える幅が大きく広がりました。
ぜひ今までになかった食卓の楽しみを発見してみてください。

越前漆器の伝統と技術を受け継ぎ現代のライフスタイルにあわせた新しい食器KyutarouBlue。
そしてKyutarouBlue「爽」。
新しい盛り付けやテーブルコーディネートを楽しんでいただけますと幸いです。

青色の中に食材のひとつひとつが生き生きと主張します。

スイーツやフルーツも映える両面丸皿。

和室・和食にもカジュアルにあわせてはいかがでしょうか。
和陶器との相性もとてもいいですよ。