​代表: 曽明 久直

福井県鯖江市西袋町67-13-3

TEL:   0778-65-0071​ FAX:  0778-65-0098

Email: tomiyo@me.ttn.ne.jp

漆器久太郎[Japan qtarou]
創業大正12年

営業日時 月 - 金:  9:00am - 18:00pm

​越前漆器とは?

越前漆器の歴史

 

越前漆器の起こりは約1500年前の昔にさかのぼり、当時の皇太子(後の継体天皇)が壊れた冠の修理を

塗師に命じたことがきっかけといわれています。
塗師が修繕した冠と合わせて黒漆の椀も献上すると、皇太子はその出来栄えを大変気に入ったそうです。
そこで光沢の美しさに魅せられた皇太子が、この地域での漆器作りを奨励し

現在までの越前漆器の発展につながっています。

 

越前漆器の特徴

堅牢、そして優美。越前漆器はその成り立ちから、頑丈なつくりでありながら

視覚的な美しさも合わせてお楽しみ頂ける漆器となっています。
「花塗り」という技法も特徴で、はけの跡や埃などが残らぬよう仕上げの漆を塗り、そのまま乾燥させます。

越前漆器の生産工程

・素地

まずは漆器の原型の制作から始まります。丸物ならろくろで削り、角物なら裁断や組み立て、合成樹脂素材の場合は熱加工して成型されます。

・塗り

中塗りと中塗り研ぎ、そして上塗りを繰り返します。塗師の技によって均一の厚さ・そして魅力的な光沢が生み出されます。合成樹脂の場合はスプレーによって塗りが行われるものもあります。

・加飾

蒔絵師・沈金師が漆器に絵や紋様を加えます。蒔絵は漆で描いた絵に金粉を蒔きつけることで描き、沈金はノミで削った溝に漆を入れ金粉を入れることで描きます。

蒔絵・沈金の導入

明治時代までは「片山椀」という堅牢かつシンプルな漆器が製造されていました。
徐々に新たな技術が導入されるようになり、京都から「蒔絵」、輪島から「沈金」の

技術が取り入れられたことで、越前漆器は絢爛豪華なデザイン性も併せ持つようになります。

 

業務用漆器として

明治時代半ばに入ると、椀類だけでなく、重箱や盆、花器などといった多彩な商品ラインナップが

展開されていきます。生産エリアも広がり、業務用漆器としても発展しました。

現在では全国でもシェア率8割を超えるまでに成長しています。


 

様々な使用用途

ちょっとした遊び心をかたちにして暮らしに彩りを添えたいとき、特別な日をもっと輝かせたいとき、集まったみんなの気持ちをいっそう引き立たせたいとき…。

越前漆器産地では、暮らしの中のいろいろな場面で漆器が活躍しています。

身近に漆器のある暮らしの楽しさ、味わい深さをみんなが知っているからです。

普段使いにも、トクベツな日にも。是非お手にとってみてください。

  • お正月などの季節行事に

  • 出産祝い・結婚祝いなどの贈答品に

  • イベントでの雰囲気づくりに

  • 普段使い用に

  • 海外の方へのお土産に

OUR COLLECTION

 
0