​代表: 曽明 久直

福井県鯖江市西袋町67-13-3

TEL:   0778-65-0071​ FAX:  0778-65-0098

Email: tomiyo@me.ttn.ne.jp

漆器久太郎[Japan qtarou]
創業大正12年

営業日時 月 - 金:  9:00am - 18:00pm

【食洗機対応】 越前塗箸 沈金 花牡丹 一膳

◆上質さと気品を贈る

上質の漆のみで7回の塗り工程を施したこだわりの塗り。
これ以上無いくらいの細いノミで丁寧にに彫り込んだ繊細な花牡丹模様。

花牡丹のお箸は越前の職人の技を駆使した自慢のお箸です。

艶艶に仕上げた塗りのお箸は持ってみれば漆のしっとり感と柔らかさを感じます。
本物の漆は優しく手になじみ安堵感さえうまれるもの。

朱漆と黒漆に施す金模様は日本人が愛してやまない美。
こんな小さなものでも人に与える感動や安らぎは本物のなせる技でしょう。

思いを込めて使い、自信を持って贈ることをの大切さをこのお箸に込めてつくりました。

 

 

●このお箸にたずさわる職人さんご紹介!


・越前漆器職人  沈金師 牧田和明さん
牧田和明・昭和37年生まれ

牧田嘉男氏のもとで修業する。
彼の彫る沈金の線の美しさは、並々ならぬ集中力と体力により備わったとても美しい線です。

沈金はやり直しのきかない、思い切りのいる作業なので一刀一刀を大切に彫り上げています。

彫りあげた線には金や銀・硝煙をいれて命を吹き込みます。

生き生きとした線が器の表面を彩りまた、全体を引き締めています。

 

・越前漆器職人  塗師 梅田隆次さん
福井県生まれ

高校を卒業後地元メーカー(越前の産地メーカー)にて漆塗りの修業をする。

昭和45年仁右エ門として独立。
以後、お椀、お盆を経てお箸の制作に至る。

過去の作品として五木ひろし記念品(半月盆)を手掛ける。

 

 

カラー:黒 または 朱
材質:木製 本漆塗り 沈金(牧田和明作) 食器洗浄機対応
サイズ:235mm
備考:made in japan  

 

【木箱入り】
ペアでの贈り物をご希望の場合は1つの箱にセットしますので備考欄に「ペア希望」とご記入ください。

    ¥5,000価格
    色選択
    0